Thumb aikonn3
アブラーゲ
4

毛玉の備忘録・入部前のもこ田めめめの覚え書き

投稿時間: 752日前 最終編集時間: 742日前


 もこ田めめめとは、この文章を書いている現在(2018年9月8日)時点で51200人ほどのチャンネル登録者を抱える
.LIVEアイドル部所属のVtuberである。
 活動約4ヶ月を経て.LIVEの定めた登録者5万人を目標とした3D化を成し遂げた彼女のアイドル部以前の姿はあまり知られていないと思う。
 彼女は同アイドル部所属の花京院ちえりとともに当初10人と発表されていたアイドル部へ11人目12人目としてサプライズ的に採用された、アイドル部への所属前から活動していた個人Vtuberの一人なのだ。

 さて、そんなもこ田めめめの毛玉(もこ田めめめのファンの総称は毛玉や毛玉ちゃんと呼ばれる)の一員である私が覚えている限り、忘れないよう入部前のもこ田めめめについて書き残しておこうと思う。
 また、正確な日時や話題の詳細、放送の内容などは、アーカイブも封印されたまま今後も門外不出の可能性が高く、
私の覚えている限りでしか無いため曖昧かつ個人的な色眼鏡が含まれていることはご理解いただきたい。

 私がめめめちゃんを知ったのは3月の上旬、よく見ていたVtuber数人の中でLoLが密かに流行り始めていた頃になる、
その頃は新人発掘なども少ししていた私は、「おLoLやってる新人さんがいるな見てみよう」と、たまたまツイッターに流れてきていた放送URLに飛んでみたのがキッカケだ。
 最初の印象は随分よく首の動くlive2Dだな、あと声がすげーな(放送を開いた瞬間に濁点がついたような悲鳴が聞こえた)と思い、なんとなくそのままチャンネル登録とツイッターフォローを済ませて放送があれば見に行くようになった。
当時はまだ今よりも少し幼さの残る姿で服装も太ももの一部以外は一切露出しないもこもこ衣装を身にまとっていた(靴下の柄はブーツからはみ出す形だがそのまま)、初見さんには明るく優しい声でいらっしゃい!と嬉しそうに歓迎し、いま来たとチャットがあれば来てくれてありがとぉ~と迎え、
何より楽しそうに放送する彼女に惹かれて初めてツイッターとチャンネルの通知をONに設定にした。

 その後放送中の雑談の際に「ファンの呼び方とかは決めないの?」となんとなしに聞いてみた、当時はまだ生放送の視聴者数は2桁なことが多く、彼女自身もチャットの内容をなるべく読み上げてそれに応えるといった形式だったため、
その場に居合わせた視聴者も参加して枝毛、抜け毛等など冗談を交えつつ話し毛玉…毛玉ちゃん…いいね可愛い!と紆余曲折を経てファンの総称が決まった、
その放送後、私は柄にもなく描いたこともない下手くそな絵を描き、初めてファンアート(彼女の姿どころか先ほど決まった毛玉の絵)を描き彼女の放送終了と来てくれた視聴者への感謝のツイートへのリプとしてこっそり送ったところ、
わざわざリプでお礼と反応を返してくれたことでより一層心をつかまれ、また改めて彼女の姿を題材にしたファンアートを送った際には放送中に名指しで「○○さんがめめめの事描いてくれたのー見てみてね」と発言し、今まで視聴者個人の名前読み上げなどはしない方針だと思っていた私も驚いたものの完全にドハマリした瞬間だと思う。
 彼女のおかげでファンアートを下手なりに描いたり作ったりが私の趣味になるのは自明の理だったかもしれない。

 また一方で、彼女がウニが苦手であることからウニ=メッ!っと軽く叱るような意味でウニやぞぉ!と発言したり
ウニやぞと言われるのがエッッッなどの軽いセクハラネタがほとんどだったせいかいつの間にかウニ=エッチな発言をしたやつ、めめめちゃんが可愛くつい羽目をはずした奴への牽制的なものへと変わったり焼かれたり等など、まったり進行ながら視聴者への距離が近い親しみやすい放送が続いた。

 入部前のめめめちゃんは1日の稼働時間4時間、睡眠時間20時間というなかなかのねぼすけさんな上に放送時間が2~4時間(稀にそれ以上)なんてこともざらにあり、ツイッターの告知を忘れたりしていたため追うのがなかなか大変な子でもあった、
また、今でこそゲームの腕前はさておき歌も絵も2Dも3Dもイケボもモノマネもうまいマスコット的な存在な彼女ではあるが、入部前から知る古参毛玉は彼女にポンコツという印象を持っていた人も少なく無いと思われる、
毎度のように放送開始10分ほどはマイクがミュートであったりめめめちゃん自身が表示されていなかったり、ゲームが起動しなかったりブルースクリーンで落ちたり、ゲームが重すぎて髪の毛が荒ぶったりとポンコツムーブをかまし「ノルマ達成」や「いつもの」と書き込まれる、なんてこともしばしばあった、
とは言え自分の姿が表示されなければどうにか表示させ、「めめめはVtuberだから、表示させなきゃいけないの」とVtuberとしてのしっかりとした芯を持ちつつ優しくポンコツで可愛い彼女にさらに惹かれていった、いつからか分からないが私のYouTubeアカウントの名前にも/毛玉がついた。
 
 入部前の彼女は他のVtuberとの交流はなかなか少なく、好きなVtuberの名前すら口に出すのを迷惑になっちゃ悪いからと、渋ることがしばしばあった、はぐらかしきれなかったり対象の可愛さに抗えずにお絵かき放送の題材にしたりはしていたが…
とはいえツイッターでの交流などでVtuberの交友関係は少しずつ増えコラボ放送も出来るまでになり、そのことを知った毛玉はめめめちゃんにもついに友達が…などの反応があったものだが、相変わらずのポンコツな場面はあったもののコラボは楽しいものだった。

 その後視聴者参加型のピクトセンスであったり諸々の事情でアーカイブごと削除され見ることの出来た視聴者以外の毛玉が嘆き悲しんだ幻の歌枠、
視聴者の名前読み上げるサービス旺盛な雑談放送などを経て4VS4のLoLチーム対抗戦コラボを経て、時は4月の終わり…

 その日毛玉に衝撃が走る。そう、めめめちゃんの.LIVE所属発表のPV動画のアップである、はじめは「おーめめめちゃんがまた新衣装作ったんだ忙しいってこれだったんだなぁ」などとのんきに喜んでいたものの、アイドル部のPVが次々とアップされていたり他のアイドル部の皆のPV制作にめめめちゃんの名前が書かれていたりと、
めめめちゃんが大好きなシロちゃんのところというピンポイントな所への所属発表は実に衝撃的で、アーカイブも動画もアイドル部のPVのみがチャンネルにある状態でしか無く、ツイッターも所属発表のみと非常に情報不足で取り乱したのを今でも覚えている。
 その際に仲良くなった毛玉仲間達とまるで嵐に身を寄せ合うかのごとくこれからめめめちゃんはどうなるのかなと祝福と期待と不安の混ぜこぜになった複雑な思いのもと夜通し語り合い、
5月になりゴールデンウィークをそのまま毛玉の集まりで様々な催しをしている他のVtuberの放送を皆で集まって見るという新しい楽しみ方をし、めめめちゃんはどうなるんだろうといった浮ついた心を癒しつつ過ごしてようやくの入部後の初放送。
 
 そこにはチャットこそアイドル部所属発表の効果で10倍以上に登録者数が膨れ上がったためにチャットの流れは早かったものの、親しんだ声、ほぼ服装が変わっただけな新たな姿、ちょっと緊張気味だけどいつも通りの彼女の様子に随分救われたのを覚えています。
放送開始してしばらくはまだ少しもやついた気持ちがあったものの、アイドル部のメンバーをデレッデレに紹介する彼女に、あぁ、めめめちゃんだわ何も変わってないんだなとホッとしたものです。

その後はアイドル部所属後のことですので、私の覚え書きはこんなところです。


今後の彼女も変わらず応援していきたい。

以上、思い出しながらの纏まりも正確さも曖昧な拙い文章でしたが読んでいただいた方、ありがとうございました。

あーかったくるしい文章大変だなー!はよめめめちゃんの動く姿いっぱい見て癒やされてーなー!

3月8日デビュー
4月16日千毛玉
4月27日アイドル部入部発表
5月4日入部後初放送
5月9日1万毛玉
6月5日2万毛玉
7月7日3万毛玉
8月14日4万毛玉
9月6日5万毛玉達成
9月7日3Dプロローグ動画公開
(めめアート調べ)

どうかこれからもたくさん楽しんで、その姿を見せてほしいっ!

アイドル部に入ってから触れていない設定やコラボ相手の名前等々は省略しています。

※9月18日めめめちゃんの自己紹介動画のURLを追加しました。

 


 

会員登録して、コメントを投稿しよう!