Thumb xlueb96r 400x400
『カルア/kahlua.』
1

【のうめん】「大丈夫怖くないよ。」個人でも悩みは解決できる。【バーチャルYoutuber支援】

投稿時間: 867日前 最終編集時間: 842日前

デザイン産業バーチャルYoutuber「のうめん」


のうめん氏はデザイン関連の技術を通してバーチャルYoutuberがもっと増えることを願ってチャンネルを開設した。

たしかに話している通りハードルが高いと感じてやめてしまう人も多いと思う。

実は今回の記事を書くにあたって実際にのうめん氏本人とツイッターでやりとりをさせてもらった。

のうめん氏本人も悩むバーチャルYoutuberの一人ではあるのだが、もともと駆け出しのバーチャルYoutuberやなりたい人のための支援を動画で行っている方だ。

登録者数や活動方針などに思い悩むバーチャルYoutuberが多い中こういった人材はとても貴重だ。

今回の依頼も私が「個人的に行っている紹介活動やVCHASEのことをもっと利用してほしい」といった内容をツイッターで発言していた際にお話を受けた。

そこに一歩踏み込んでもらえたことが私自身もうれしかったし、のうめん氏のような支援を考えてくれるバーチャルYoutuberはまだいるはずだ。

自分一人で思い悩んでやめてしまうくらいならやれることや利用できることはみんな利用していってもいいのではないだろうか?

のうめん氏の動画を見ていると「なるほど」となるところが何か所も出てくる。

 

 

私自身であればもともとデザインの勉強をしていたり出版系の仕事をしていた経歴があるので「あーこういうことかぁ…そうですよねぇ…なるほど…」と言った感じで、

すごくわかりやすかったし、そういったものに関わってこなかった人でも「こうすればよかったのか」というヒントがあるはずだ。

特に「見せ方」である。デザイン的な側面からの知識というのは勉強しないといけない部分も多い。

しかも自分がいいと思っても他から見ると「見にくい」「伝わらない」といった問題がどうしても出てくる。

センスというものは磨かなければ良いものになっていかないが経験者や技術が分かる人材から知識を吸収して学ぶことはできるはずだ。

そうしていいものができれば自然と向上心や達成感も生まれてくる。次はどんなものを作っていこうかとモチベーションも上がってくる。

できないとあきらめるのではなく、のうめん氏のような方の知識を自分のものにしてどんどん利用していくということを意識してほしい。

 

のうめん氏
「初心者などに対して色々なことをいろいろな形で手助けしてる人達がいっぱいいるんだよということを伝えてもらえれば幸いです」

 

まさにこの言葉の通りで私自身の活動やのうめん氏のような人がいるということをもっとたくさんのバーチャルYoutuberに知ってもらいたい。

こういった活動に賛同し利用してくれる方が増え少しでも悩みを抱えたままいなくなってしまうような人が少なくなるよう願っている。

もちろん精神的な面の問題やストレスなどもそうだ。技術ばかりに目がいきすぎな昨今だが一人で思い悩むことだけはやめてほしい。

 

 ▶Youtubeチャンネル  のうめん

 ▶twitter  @nomen_machine

 


ご意見・紹介依頼はこちらのアカウントでも受け付けています(DMも可)

 ▶Twitter   @k_a_h_l_u_a

 

会員登録して、コメントを投稿しよう!